MENU

更年期障害でなぜ薄毛になるのか?

更年期障害には、さまざまな症状がありますが、薄毛もその一つです。更年期障害でどうして薄毛になってしまうのか、その原因と、予防や改善策なども併せてご紹介します。

 

更年期障害で薄毛になる原因は・・

 

卵巣

更年期障害で薄毛になる原因は、女性ホルモンの分泌量が減少するからです。卵巣機能は28歳くらいをピークとして、それ以降は年齢を重ねるごとに衰えていきます。卵巣機能が低下していくことで、女性ホルモンの分泌量も35歳くらいから激減していきます。

 

40代から50代にかけては、さらに女性ホルモンが急激に減少するために、女性の身体はホルモンバランスを崩し、全身にさまざまな症状が現れます。

 

女性ホルモンのエストロゲンには、毛髪を成長させる働きがあるのですが、更年期でエストロゲンの分泌が減少するので、毛髪の成長もスムーズにいかなくなります。

 

成長期にある毛髪の成長が阻まれてしまい、休止期が長くなります。更年期障害による女性の薄毛の特徴としては、抜け毛が異常に多くなる、髪の毛1本1本が弱々しく細くなる、髪の毛が抜けた後に新たに髪の毛が生えてこないので、髪全体のボリュームが少なくなっていく、などです。更年期障害による薄毛の症状は、個人差も大きいので、中には急激に薄くなる人もいますし、ほとんど症状が出ない人もいます。

 

更年期障害による薄毛を予防・改善する方法

 

髪が少ない女性

ぺたんとした髪の毛は、見た目の印象を大きく左右します。一気に老けた印象になるのが薄毛ですから、更年期障害による薄毛を予防するための対策を早めに立てましょう。更年期障害による薄毛を予防したいなら、女性ホルモンに似た働きを持つ大豆イソフラボンを含む食品を普段から食べるのがおすすめです。

 

納豆や豆腐、きなこなどの大豆製品を積極的に毎日の食事に取り入れたり、大豆イソフラボンのサプリメントで補給するのもおすすめです。自律神経に悪影響を及ぼすストレスも避けたいところです。

 

40代くらいからの更年期には、子どもの成長や仕事などでの変化が大きい時期でもあるので、このような生活環境の変化が、大きなストレスになります。気づかないうちにストレスを抱えてしまっていることが多いので、普段から無理をしないように、ストレスを上手に発散させることが大切です。

 

育毛外来で治療する方法も!

 

更年期障害による薄毛を確実に改善したいなら、やはり薄毛治療外来などの病院での治療がおすすめです。薄毛治療のために病院に行く女性は年々増加しています。薄毛の悩みを抱えているのは男性だけではなくて、更年期の女性もたくさんいます。適切な治療で、薄毛の悩みを解消することができます。

更年期障害による薄毛を改善する方法

更年期障害による薄毛を改善するための方法をご紹介します。卵巣機能が低下することで女性ホルモンの分泌が大幅に減少する更年期には、薄毛という症状も現れることが多いのです。ホルモンが関係する更年期の薄毛ですが、ここで紹介する方法で、薄毛の進行を改善することが期待できます。

 

ホルモン補充療法やプラセンタ注射

 

女医

更年期障害の治療にホルモン補充療法があります。更年期になり急激に減少していく女性ホルモンの分泌量をホルモン補充療法で補うことで、さまざまな更年期障害の症状を軽くすることができます。ホルモン補充療法により、更年期前のホルモン分泌量に改善することができます。

 

ホルモンバランスの崩れから起きる自律神経失調症などの不快な症状を軽くすることができます。薄毛の症状も、ホルモン補充療法で女性ホルモンのバランスを整えることで改善することができます。ホルモン補充療法は、薄毛だけに留まらず、更年期障害全般の症状改善が期待できる方法です。

 

更年期の薄毛治療では、ホルモンバランスがポイントになるので、プラセンタ注射もおすすめです。細胞の再生、成長を促進させる働きがあるプラセンタは、高級美容成分として有名ですが、ホルモンバランスを整えてくれる働きもあります。プラセンタ注射でホルモンバランスが整えられ、薄毛の改善も期待できます。

 

頭皮マッサージや育毛剤の使用

 

頭皮マッサージをする女性

更年期障害の薄毛は、育毛専門のクリニックでの治療が即効性があり効果も高いですが、抵抗がある方も多いようです。そこでおすすめなのは、頭皮マッサージや市販の育毛剤を利用することです。ホルモンバランスが関係している更年期の薄毛ですが、一般的な薄毛対策で欠かせない頭皮マッサージも効果的です。

 

指の腹を使って頭皮にあるツボをゆっくり押しながらマッサージをすることで、頭皮の血行も良くなります。頭皮マッサージと同時に育毛剤も使用すれば、相乗効果で薄毛の改善が大きく期待できます。更年期障害による薄毛を改善するためには、育毛剤も慎重に選ぶ必要があります。

 

市販されている育毛剤には男性用が多いですが、最近では女性用の育毛剤も増えています。男女兼用の育毛剤よりも、やはり女性の頭皮のことを考えられて作られた、女性用育毛剤がおすすめです。エストロゲンサポートの成分や、美容液成分もたっぷり配合された女性用育毛剤がおすすめです。

 

食事や睡眠など、日常生活の見直し

 

納豆

食事や睡眠などの、基本的な日常生活の見直しもしましょう。女性ホルモンが減少する更年期には、大豆イソフラボンを積極的に摂取するのがおすすめです。大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きがあることで有名ですが、このエストロゲンがツヤのある髪や肌を作る働きを持っています。

 

普段から豆乳や納豆などの大豆製品を積極的に食べるようにしましょう。薄毛と睡眠にも大きな関わりがあります。ストレスが大きくのしかかる更年期には、良質な睡眠を取ることが大切です。更年期障害の薄毛や他のさまざまな症状も、睡眠をしっかり取ることで改善することができます。

更年期障害による薄毛の治療にお勧めの病院

女医

更年期障害による薄毛の知識や対策についてご紹介してきました。その上でやはり最も安心して任せられる、かつ効果が高い治療法としては医師による医学的根拠に基づいた治療となります。

 

最近では女性専門の薄毛クリニックも増えており、これまで女性が薄毛の治療に通う事について敷居が高かった時代は終わりを告げようとしています。以下のクリニックではプライバシーの保護等の余計なストレスを抱かずに済む配慮もなされています。

 

更年期障害により唯でさえ普段の生活にストレスが多い時期です。安心できる医者に任せてメンタル的にも救われた経験を持つ患者さんは多いです。

 

以下のHPでは沢山の患者さんの症例も紹介されています。自力での改善が難しいと感じている人は、まずは無料でのカウンセリングから始めてみると良いでしょう。親切に対応してもらえます。

 

東京ビューティークリニック

東京ビューティークリニックは、女性の髪専門外来です。全国35院以上で同じ施術が可能となっており、通いやすい事も人気の秘訣です。先進的な治療にも対応しており、20代から60代以上の女性が通われています。随時、各種キャンペーンも実施されており、業界でもTOPクラスの低価格設定でありながら、更にお得に治療を始める事が可能です。東京ビューティークリニックの「99.4%」の患者さんが満足しているというデータも出ています。無料でのカウンセリングも受け付けられていますので、まずは相談から始めてみると良いでしょう。

価格 約7,000円〜
評価 星5つ
備考 AGAスキンクリニックや東京美容外科でも女性薄毛の治療が可能

 

詳細ページ 公式ページ

 

AGAルネッサンスクリニック

AGAルネッサンスクリニックは、大手美容クリニックである「湘南美容外科」プロデュースの薄毛治療専門のクリニックで、男性型脱毛症や女性の薄毛を対象とした、幅広い治療を行っています。中でも最近増えている「自毛植毛」の実績で有名な病院です。

価格 約10,000円〜
評価 星3つ
備考 提携院でも女性薄毛の治療が可能

 

詳細ページ 公式ページ

 

聖心毛髪再生外来

聖心毛髪再生外来では、国か認めた「再生医療による薄毛治療」を行っているクリニックです。先進的な再生医療と自宅での療養サポートによる薄毛治療を行っています。頭皮マッサージや育毛剤、生活改善などは、女性の薄毛治療で大切なことですが、これだけでは十分な効果を実感できない方に、聖心毛髪再生外来の薄毛治療がおすすめです。

価格 約16,000円〜
評価 星3つ
備考 再生医療という先進的で一般とは異なる角度からの治療が可能

 

詳細ページ 公式ページ

更年期障害と白髪の関係

40代あたりから白髪が気になり始める女性も多いですが、これは更年期障害と関係があるようです。ここでは更年期障害と白髪の関係性や白髪対策についてご紹介します。

 

更年期障害と白髪にはどんな関係が!?

 

白髪

ある日突然、黒髪に白髪が複数見つかればとてもショックなものです。女性の場合、白髪が生えやすい時期があります。白髪が生えやすい時期というは、女性ホルモンのバランスが変化する時期です。女性ホルモンのバランスが急激に変化する、妊娠や出産で白髪が急に増えてくる人も多いようです。

 

また、ダイエットや育児疲れによって、そして更年期も白髪が増えやすい時期です。更年期障害というのは、卵巣が低下して、女性ホルモンの分泌量が一気に減っていくことで、女性ホルモンのバランスを崩した身体がさまざまな不調を起こすものです。

 

この更年期障害の症状の一つに白髪もあります。女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2つがありますが、美髪や美肌など女性らしさに深い関わりがあるのがエストロゲンです。更年期にはこのエストロゲンも急激に減少してくために、抜け毛や薄毛、白髪といった髪への症状も現れるようになります。

 

更年期障害による白髪対策には、食事バランスが大切

 

更年期障害による白髪対策では、何度も繰り返すようですが食事バランスが本当に大切です。毛髪の主成分はたんぱく質ですから、良質のたんぱく源であるお肉やお魚、大豆製品などをしっかり摂りましょう。また、たんぱく質の吸収を助けてくれるビタミンもたっぷりと必要ですから、緑黄色野菜や果物などもバランス良く食べることが大切です。

 

髪の成長を促し、頭皮を健康にするにはミネラル分も大切ですから、海藻類などもしっかり食べましょう。大豆製品には、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きがあるので、更年期障害による白髪対策には特におすすめです。

 

毎日のヘアケアも大きな影響が!

 

更年期障害による白髪は、女性ホルモン分泌量の低下が要因ですが、さらに、加齢による頭皮の萎縮や血流低下も原因となっています。ですから、頭皮の血行を良くするための頭皮マッサージなども、毎日続けてみるのがおすすめです。正しく頭皮マッサージを行うことで、頭皮が次第に柔軟になっていくので、毛根に栄養分が十分に行き渡るようになります。

 

頭皮に爪を立てないように指の腹を使って、じっくりとマッサージをします。また、頭皮へのダメージとなる高温のドライヤーや、洗浄力の強いシャンプーなども避けるようにしましょう。

更年期障害の症状例

40代から50代の女性の大きな関心事である更年期障害には、さまざまな症状例があります。生理のある女性であれば、誰もがいつかは閉経しますが、この閉経を挟んだ前後5年間が更年期と言われてます。

 

閉経の時期は個人差もありますが、45歳から55歳くらいが一般的で、この更年期の時期に心身に現れるさまざまな症状についてここでご紹介します。

 

更年期障害の症状の一つ、月経異常について

 

月経異常

更年期障害の症状の一つに、月経異常があります。月経周期は一般的に、およそ25日から38日なのですが、更年期になるとこの月経周期に変化が訪れます。45歳くらいから、徐々に生理の周期に変化があったり、出血量に変化が見られる場合には、更年期障害の症状の一つ、月経異常の可能性があります。

 

更年期にさしかかると、まず生理周期が不安定になったり経血量に変化が起こる、月経異常の症状が現れる人が多いようです。これは、更年期になり卵巣機能が低下してしまうからです。更年期に見られる月経異常には、人によっていろいろなパターンがあります。

 

一般的には、少しづつ生理周期が短くなり、かと思えば長くなったりと、生理周期が不安定な時期があり、やがて全く生理が来なくなるというパターンが多いようです。更年期の月経異常では、月経の周期が短くなったり、だらだらと経血が続いたり、あるいは突如経血量が増えたり、と、とても不安定です。普段からナプキンを持ち歩き、準備をしておくと安心です。

 

更年期と自律神経異常について

 

更年期と自律神経失調症とも言われている自律神経異常になるケースも多いです。交感神経と副交感神経のふたつがバランスを取りながら身体のあらゆる機能をコントロールしているのが自律神経です。暑い時には、副交感神経が血管を拡張させて熱を放散させて、寒い時には交感神経が血管を収縮させて熱が発散されるのを防止しようと働きます。

 

この自律神経のバランスが崩れると、体温調整が上手できなくなります。安静にしているのに、動機やほてり、めまいなどの症状が現れます。更年期と自律神経異常は深い関わりがあります。更年期になり卵巣機能が低下すると、女性ホルモンの分泌量が減少していきます。

 

これを補うために、視床下部などではホルモン分泌を促そうと働き続けるので、疲労した状態になります。視床下部は自律神経もコントロールしているのですが、疲労状態にあるために、自律神経のバランスにも影響が出るようになり、自律神経異常となってしまいます。

 

更年期障害の症状はさまざまな症状が全身に!

 

更年期障害の症状としてよく現れるのが、月経異常や自律神経異常です。特にイライラや不安感、のぼせ、めまい、疲れやすいなどの症状が起こる自律神経異常は、更年期の女性を悩ませるものです。他にも睡眠障害や腰痛などの症状例もあり、実にさまざまな症状が全身に現れます。