MENU

更年期の症状を緩和してくれるアロマオイルをご紹介

更年期に起こる更年期障害は個人差があるものの、イライラや火照り、めまいや動悸など自分ではコントロールできない症状が出ます。こういう時にアロマオイルを取り入れるのもおすすめです。

 

|更年期障害にアロマオイルを取り入れてみよう

 

アロマを嗅ぐ女性

更年期障害はホルモンバランスと自律神経のバランスが崩れる事で、全身に様々な症状が出ます。ホルモンバランスや自律神経は自分の意思でどうにかなるものではないため、簡単に対処できないのも厄介なところですが、薬で治療すると副作用があって長く続けられないのもデメリットです。こういう時にアロマオイルを取り入れてみてください。アロマオイルなんて気休めに過ぎないと考えられがちですが、香りの効果は意外と高く、副作用などもないのがメリットです。

 

|更年期障害におすすめのアロマオイル

 

更年期障害の症状もいろいろありますが、アロマオイルにも種類があってクセのある香りはなかなか受け入れられない事もありますので、初心者でも気軽に取り入れられる物から試してみてください。気持ちを落ち着かせる効果でよく知られているラベンダーは、アロマオイル初心者にもおすすめです。特に安眠効果が絶大で、睡眠導入剤を使わなくても香りを嗅ぐだけで、自然にぐっすり眠る事ができます

 

カモミールはリンゴのように爽やかでやさしい香りです。高い鎮静作用があるのにやさしく作用するから、赤ちゃんからお年寄りまで幅広く使えます。痛みを和らげる作用、中枢神経を鎮める作用があります。

 

グレープフルーツはアロマオイルにも取り入れられています。フルーツとしてもお馴染みですし、香りも柑橘系らしい爽やかな香りだからアロマオイル初心者にも受け入れやすいと思います。落ち込んだ時に気持ちを高める作用、幸福感をもたらす作用があります。

 

ゼラニウムはローズに似ている香りが特徴的で、自律神経のバランスを整える作用があります。ストレスが大きい時にはホルモンバランスを整える作用も役立ちます。

 

|アロマオイルの使い方

 

アロマオイルを取り入れるとなると、専用のポットや道具が必要なイメージです。しかしアロマポットがなくても、寝る前に枕に1滴垂らしたり、ハンカチやタオルに染みこませたりして枕元に置くだけでもOKです。お風呂に入れれば優しい香りに包まれてリラックスできます。

 

血行促進のためにマッサージをする時、ローションやオイルに混ぜて使う事もできます。香りの効果は意外と高いので、是非お試し下さい。