MENU

女性が薄毛になる原因の代表例

男性でも女性でも、薄毛になる根本的な原因はケアサイクルの乱れです。何らかの原因でヘアサイクルが乱れ、成長期が短くなると髪の毛が十分に成長できず、弱々しい細い髪の毛になり、結果的に頭皮全体のボリュームがダウンして、地肌が目立つようになります。

 

ヘアサイクルを乱す原因が、男性と女性とでは大きな違いがあります。女性の場合には、加齢などによるホルモンバランスの乱れが薄毛の原因となっていることが多いようです。女性ホルモンの分泌量は、年齢を重ねるごとに減少していきます。

 

30代くらいから徐々に減少し始めて、40代あたりから急激に減少していきます。ホルモンバランスが崩れることで、女性の身体には様々な不調が現れるようになります。薄毛もその一つです。女性ホルモンのエストロゲンには、健康な髪を育てる働きがあるのですが、ホルモンバランスが乱れることで、ヘアサイクルにも影響を及ぼします。

 

妊娠・出産によってもホルモンバランスが乱れるので、薄毛の症状が起こります。ホルモンバランスの乱れは、避けることができませんが、バランスの良い食事や良質な睡眠を取ることで、薄毛になるのを予防、改善することができます。

 

|育毛のための栄養不足

 

健康な髪を維持するためには十分な栄養も必要です。髪の毛の95%は、たんぱく質の一種であるケラチンで出来ています。加齢やアルコール、喫煙や不規則な食生活などによって、ケラチンは減少していきます。当然、髪の毛に必要な栄養素が不足すれば、髪の成長も低下します。

 

髪と頭皮を活性化させるためには、亜鉛やビタミンB群、ビタミンAなどが必須です。日常の食事で魚や肉、緑黄色野菜などをバランス良くたくさん摂るように心がけることが大切です。サプリメントでこれらの栄養素を補うのもおすすめです。

 

|日常生活でのストレス

 

日常生活でのストレスも、薄毛の原因となっています。睡眠不足や紫外線やヘアケア用品によるダメージ、自律神経の緊張などが挙げられます。寝ている間に分泌される成長ホルモンは、健康な髪を育てるために欠かせません。成長ホルモンの分泌量が多いと、それだけ身体も髪の毛も健康に丈夫になります。

 

毎日できるだけ日付が変わる前には布団に入り、しっかりと睡眠を取ることが大切です。紫外線やカラー、パーマなどによるダメージも大きいものです。紫外線が強い夏には日傘などで髪の毛を守ってあげて、髪の毛へのダメージを最小限にしてあげることが大切です。自律神経を緊張させる原因は、無理なダイエットや仕事などでのストレスです。ストレスを溜めない生活や、良質な栄養と睡眠を心がけることが大切です。