MENU

イライラしやすい更年期障害に効果のあるお茶やハーブの活用法

更年期障害の一つにイライラするという症状があります。これは多くの人が経験する事になりますが、こういう時にはハーブやハーブティーを取り入れるのがおすすめです。

 

|ハーブやハーブティーの効果

 

更年期の症状で悩む女性

更年期になると誰もが更年期障害と向き合う事になります。症状に関しては個人差があって、日常生活に支障が出てしまう人もいれば、本人も気づかないくらい普通に過ごせる人もいます。

 

40代に差し掛かりイライラする事が増えてきたら、それは更年期障害の可能性があります。更年期障害は閉経前後に、卵巣の機能が低下してしまうため、ホルモンバランスの乱れと自律神経の乱れが原因で起こります。

 

こういう時薬を使った治療もできますが、副作用のリスクが高いため安易には取り入れられません。ハーブの中にはホルモンバランスを整えたり、自律神経を整えたりする作用を持つ物があります。アロマテラピーにも使用されているように、ハーブで更年期障害の症状を緩和させる事もできます。飲む事で体の中から作用するハーブティーもおすすめです。

 

|イライラに効くハーブ

 

イライラをなんとかしたい時に役立つハーブを紹介います。パッションフラワーには、不安やイライラを鎮める作用があります。パッションフルーツと間違いやすいのですが、日本では時計草と呼ばれています。自然の鎮痛剤と呼ばれるほど効果が期待できますし、クセがほとんどないからハーブティーにしても飲みやすくておすすめです。

 

レモンバームもイライラを解消するのに役立ちます。不安や緊張を取り除く作用があります。名前からも想像できるようにレモンのような爽やかな香りが特徴的です。ただレモンのような強い酸味はないので、ハーブティーにもおすすめです。

 

|ハーブティーのメリット

 

ハーブティーのいいところは単体でもいいですし、好きな香りや味の葉をブレンドできるところです。イライラに効くと言われるパッションフラワーやレモンバームを、ミントやカモミールなど飲みやすい葉とブレンドすれば他の効果も取り入れる事ができます。

 

香りを嗅ぐだけでも心が落ち着きますが、飲む事で体が温まり気持ちを鎮めてくれるのもメリットです。更年期障害では夜の寝付きが悪くなる事も増えますが、ハーブティーにはカフェインが入っていないから、夜寝る前に飲む事もできます。ラベンダーなど安眠効果が期待できる葉とブレンドすれば、イライラを解消して、心地よい眠りに導いてくれるでしょう。