MENU

これから迎える更年期障害とさまざまな対処方法について

これから更年期を迎える人に、更年期障害の対処法を紹介しておきます。

 

|更年期とは

 

うつ病

更年期というのは閉経を迎える前と後の計10年間の事です。閉経する事で卵巣が機能を停止しますから、女性ホルモンの分泌量が減りホルモンバランスが崩れます。ホルモンバランスが崩れてくると、自律神経にも影響を与え、体全体のバランスが崩れて様々な症状が出てきます。更年期は誰にでもやってきますが、どのような症状が出るかは個人差が大きく、日常生活に支障が出てしまう人もいれば、あまり問題なく過ごせる人もいます。

 

個人差はありますが、女性ならいずれ誰もが経験する事になります。ただし更年期は約10年と期間が限られるので、一生続くわけではありません。ホルモンバランスの乱れで症状が出ても、それは徐々に落ち着き体が対応できるようになれば更年期障害も楽になっていきます。

 

|更年期障害の症状

 

更年期障害の症状は個人差が大きいのですが、だいたい症状は決まっていて複合しやすい傾向があります。顔が火照り汗をかいているのに手足が冷たい、動悸や息切れがある、夜寝つきが悪くなる、些細な事でイライラする、理由もなく落ち込む、頭痛やめまいが起きる、ちょっと動くと疲れてしまう、慢性的な肩こりや腰痛がある、などです。これらの症状があっても軽い場合は、それほど気になりませんが、重くなると起きていられない事もあります。

 

|更年期障害への対処法

 

更年期障害が起きるのは、卵巣の機能が低下する事、機能を停止した後の女性ホルモン・エストロゲンが減少する事です。避けて通れない事ですが、そうなるとわかっていれば対処する方法はあります。いつどのタイミングで更年期に突入するかは人によって違いますが、だいたい40代後半から50代にかけてです。このくらいの年齢になったら、更年期障害への対策を始めて行くようにしましょう。

 

生活習慣や食事も更年期障害をひどくする原因になる事があります。人の話や更年期障害に関する情報収集をしていると、かなり症状が重い人もいるので自分がそうなったらどうしようと、不安だけが大きくなってしまう事もあります。これは個人差が大きいものの、神経質になりすぎない事も大切です。

 

女性ホルモンのエストロゲンが減るなら、それに代わる大豆イソフラボンを積極的に取り入れる事、規則正しい生活と運動を取り入れ体のバランスを保つ事などで対処できます。運動はウォーキングなどの軽い運動でも十分ですから、無理をせずできる範囲で取り組んで行きましょう。