MENU

高齢出産だと更年期障害には特に要注意が必要な理由

ここ最近は晩婚化の影響もあって、高齢出産が増えています。高齢出産の場合は更年期に差しかかる事も多いので、注意が必要です。

 

|更年期の高齢出産いついて

 

乳幼児を抱く母親

35歳以上の出産が高齢出産に該当しますが、今は40代になってから初産をする人も増えています。これは晩婚化や医学の進歩なども関係していますが、高齢出産には様々なリスクが伴います。40代前半から半ばで出産した場合は、既に更年期に差し掛かっています

 

高齢出産のリスクは赤ちゃんに影響が出る事もありますが、子育てはかなりの体力が必要ですから、若い人で相当消耗します。さらに出産で体力を消耗しているため、ここに更年期障害がプラスされると子育てに支障が出る可能性も考えておかないといけません。

 

ただし高齢出産の場合は出産後授乳をする事で、女性ホルモンが増えるというメリットがあります。この時は更年期障害の事も一時的に忘れられますが、授乳が終わった時の反動は大きくなります

 

|更年期障害が出る時期

 

更年期はだいたい45歳から55歳までの10年間が該当します。高齢出産をした時期によっては、子育てと更年期障害が重なってしまう事もあります。高齢出産をすると更年期が少しずれるので、遅くなるとか、更年期障害の症状が軽くなったという人もいます。

 

逆に子育てで無理が重なり、更年期障害の症状が悪化して入院を余儀なくされたというケースもあります。これは個人差も大きいので一概には言えませんが、40代に入ってからの高齢出産は、子育て中に更年期障害が出る可能性が高いです。

 

|子育て中の更年期障害との付き合い方

 

子育て中は思い通りに行かない事も多く、イライラしたり落ち込んだりします。これは更年期と関係なく感じる事ですが、更年期の場合は通常の子育てでのストレスが加わるので、ストレスが原因で更年期障害の症状が重くなる傾向があります。ある程度の年齢で出産する場合は、更年期と子育てが重なる可能性が高いので、事前に対処法を知っておくと安心です。

 

症状が辛い場合は病院で治療もできますが、当サイトでもご紹介している漢方やサプリメントハーブやアロマオイルという自然の力に頼る事で副作用のリスクがなく、体に優しい対処ができます。この場合は長く続ける事で効果を実感しますから、早めに取り入れておくのも良い方法です。

 

困った時は1人で抱え込まず、家族や医師に相談してください。今は公共の機関でも子育てのサポート体制が整っているので、利用する人も増えています。