MENU

更年期障害の症状が現れるのはいつからいつまでに多いのか

更年期は誰にでもやってくる時期です。更年期障害というと女性特有のものと思われていましたが、最近になって男性にも起こる事が確認されています。

 

|更年期はいつから始まる?

 

更年期というのは女性の場合は閉経を迎える前後5年の計10年間が該当します。ただし何歳の何ヶ月目に閉経を迎えるのかは人により違いますから、いつから更年期になるかは決まっていません。多くの場合は40代後半から50代前半に更年期を迎えます。例えば50歳で閉経を迎えた場合は、45歳から55歳までが更年期になります。

 

更年期にはホルモンバランスが大きく変わるため、全身に様々な症状が出ます。これが更年期障害です。更年期障害の症状にも個人差はありますが、更年期に入り徐々に症状が目立つようになり、更年期が終わる頃には少しずつ症状が落ち着いていきます。

 

|更年期障害が出たらどうすべきか

 

更年期は生理のように目に見える特徴がありません。症状はいくつかありますが、年のせいとか疲れているからと思い込んでしまう事も多く、更年期障害と気づかないまま過ごしている人もたくさんいます。はっきりとした境界線はありませんが、40代後半に差し掛かったら更年期に入っていると自覚しておく事が大切です。

 

ホルモンバランスの乱れは自分の意思でコントロールできませんが、症状を軽くする事はできます。ほとんどの場合は更年期障害があっても、生活習慣の見直しや食事の改善、サプリメントなどで対応できます。ただし余りにも症状が重く日常生活に支障が出るような場合は、病院で治療する事も考えておきましょう。

 

|更年期は一生続くわけではない

 

自分の意思でコントロールできない事も多いため、大きく落ち込んだり、イライラが爆発したりします。怪我をしているわけではなく、外見は普段と変わらず元気そうに見える事から家族も理解してくれないという問題もあります。更年期障害は一生続くわけではありません。人により多少の違いはありますが、10年間の間には症状も変化します。一生続くわけではありませんが、症状が辛い時には家族の支えが何よりも大切です

 

いずれ更年期を迎える事、更年期になったら様々な更年期障害が出る可能性がある事を家族と良く話し合っておくようにするのもおすすめです。自分自身もストレスをためこまないように、早めに予防と対策をとっておく事が大切です。40代に差し掛かったらいずれ自分にやって来る、更年期について情報数集しておくのも良い方法です。